TOPPAGE 問題提起 ミッション お願い! 会社概要
MITO KANSEI CENTER 水戸環整センター
健やかな故郷を、次世代に渡すために。

河や湖を汚しているのは、私たち? 公共下水道や農業集落排水が完備されている地域では、台所やお風呂、トイレなどの排水は埋設された管を通り、所定の処理施設で適正に浄化され、環境に負荷を与えないように処理されています。 また、下水道の整備されていない地域では、浄化槽が各家庭から排出される排水処理の役割を担っています。浄化槽には以前から使用されているトイレ排水のみを浄化する「単独処理浄化槽」と台所やお風呂などの生活排水とトイレの排水を同時に処理する「合併処理浄化槽」があり、近年では「単独処理浄化槽」の設置は禁止されており「合併処理浄化槽」のみが新規設置の浄化槽として認められています。 「単独処理浄化槽」の場合、生活排水の浄化はできませんので、家庭から排出される生活排水は敷地内において浸透や発散槽等で処理することになっておりますが、生活スタイルの変化により脂肪分の多い食生活をおくるようになった現在では、浸透、発散いずれの方法でもその効果の永続性は期待できず、敷地内で処理できなくなった脂肪分等の多い(環境負荷の高い)生活排水が地下や道路側溝等を経て、河川や湖沼へと流れ込んでいる状況が見受けられます。 したがって早い時期での「合併処理浄化槽」への転換が必要とされ、その為の補助制度も国と県と市の三者共同で行っております。 「合併処理浄化槽・単独処理浄化槽」いずれにおいても、浄化槽法や茨城県浄化槽指導要綱に定められている適正な法定保守点検(年3~4回)や法定清掃(年1回以上)を行わない場合、放流水質が悪化し、河川や湖沼の水質汚濁に繋がってしまいます。 昔から那珂川には秋になると鮭が遡上し、水戸黄門様も好んで食べたそうですが、近年、桜川においても鮭の遡上が認められています。それも一度は汚染が進んだ川を市民の力でよみがえらせ、上流から子供たちが鮭の稚魚を放流し続けた結果であろうと思います。そこまでして取り戻した清流を末永く後世に伝えるためにも、今現在の家庭排水の処理はとても大切なことです。
私たちの会社は、水戸市近郊の浄化槽の保守点検や
水戸市から許可を受けて浄化槽の清掃や一般廃棄物(ごみ)の
収集運搬を行っております(旧内原町や旧常澄村を除く)。
また、以前より同様に水戸市から委託を受けて、
汲み取り式トイレのし尿や新聞雑誌等の資源物の収集運搬を
行っております。 誰もが、清い水辺や、ゴミのない自然など
美しい環境の中で生活をしたいと望んでいることと思います。
私たちはその美しい環境づくりのためにお役に立ちたいと考えています。 どうか浄化槽の保守点検や清掃、
水回り全般のことやゴミの処理に関してご相談ください。
先進の技術と作業スタッフで必ず皆様のお役に立ちます。
また、茨城県より許可を受けて、
県内の産業廃棄物(汚泥)の収集運搬も行っております。
ぜひ電話でもメールでも結構ですので、
お気軽に問い合わせをお願いします。 電話 029-241-1821
営業内容
・水戸市委託業務(し尿収集運搬・資源物収集運搬)
・浄化槽清掃及び汚泥の運搬(水戸市許可)
・一般廃棄物(ごみ)の収集運搬(水戸市許可)
・浄化槽の保守点検(茨城県許可)
・産業廃棄物の収集運搬(茨城県許可・汚泥に限る)
・その他水処理関係
私たちが生活する水戸市には、千波湖を始め、那珂川、桜川と
市民の憩いの場とも言える水辺がたくさんあります。
 しかしながら、その水辺すべてが清い環境にあるか?と問えば、
アオコが発生し、水質汚濁が進んでおり、
残念ながらそうとは言えない状況です。 皆さんは、ご家庭から排出される生活排水が
どのように流れ、どのように処理されているかを、ご存知でしょうか?
私たちのミッション!
メール kirei@viola.ocn.ne.jp 一度汚れてしまった河川や湖沼を
よみがえらせるのには
大変な時間と労力を要するものです。

Copyright (C) 2015 Mito Kansei Center. All Rights Reserved.